アメリカ不動産の投資種類を決める方法


住宅用不動産:住宅用に使用されるすべての不動産。例としては、一戸建て住宅、コンドミニアム、集合住宅、デュプレックス、タウンハウスが含まれます。


長所

  • 高い需要–今まで以上に多くの人が家を借りています。住宅価格が上昇し続けると、需要は増加し続けます。住宅の需要が高いため、テナントを簡単に見つけることができます。

  • 経済的リスクが小さい–住宅用不動産は通常、商業ビルよりも安価であり、1回限りの維持費が低位です。通常、より安全な投資と見なされます。

  • 不況時の安全性–商業テナントは破産する可能性がありますが、一般に、住宅用不動産のテナントは、企業よりも支払いが滞る可能性が低くなります。

  • 管理者の削減–価格の低下と公衆衛生上のリスクの軽減により、住宅用建物は商業用不動産ほどの事務処理を必要としません。調査プロセスが短く、管理タスクが少ないため、家主はより早くテナントを見つけ収入を得ることができます。

  • DIYの機会–家やアパートのメンテナンスの問題は、家主が自分でできるタスクである可能性があります。そのためコストを大幅に削減することができます!



短所:


  • 収益性が低い–一般に、住宅用建物は商業用不動産よりも収益低くなります。

  • 悪いテナント–企業は通常、責任と敬意を持って、建物を適切に維持しますが、住宅のテナントは、支払い期限を逃したり、物件の状態を悪くしたりする可能性があります。

  • 修理作業–作業を外部委託するのではなく、自分で行うのにお金を節約できますが、時間を失います。

  • 24時間年中無休の電話–問題は、昼夜を問わずいつでも発生する可能性があります。実際、テナントが日中に仕事をしていると、通常の営業時間外に問題を発見して家主に連絡する可能性が高くなります。

  • ショートリース–ほとんどのリース契約は6か月または12か月続き、家主はテナントが退去するたびに賃貸収入を失うリスクがあります。


商業用不動産:集合住宅、ガソリンスタンド、食料品店、病院、ホテル、オフィス、駐車場、レストラン、ショッピングセンター、店舗、劇場など、ビジネス目的でのみ使用される不動産。


長所

  • 高い利益の可能性–商業用不動産は住宅用建物よりも投資に対して高い収益を得る可能性があります。実際、商業目的で使用される物件は通常、住宅やアパートの利回り1%〜4%に比べて、6%〜12%の利回りを生み出します。

  • テナントのセキュリティ–商業用不動産のテナントを見つけるには、通常、巧妙なデューデリジェンスプロセスが必要です。そのため、投資家は、テナントが信頼できると確信できます。プロセスとしてテナントの財政力、信用力、取引履歴をチェックし、保証金として預金を受け取ることさえできます。

  • 前払い–商業用家主は、1か月先ではなく、3か月前までに家賃を徴収できるため、住宅所有者よりもキャッシュフローが有利な場合があります。

  • プロフェッショナルな関係–B2Bの立場で運営され流ためテナントの信用性が高くなります。

  • 責任の高いテナント–企業はプロフェッショナルになりたいと考えているため、施設が清潔で整頓されていて、良好な状態であることを確認することが彼らの利益になります。

  • トリプルネットリース–このタイプのリースにはさまざまな形態がありますが、通常はテナントがすべての不動産費用を処理します。通常、商業テナントは、メンテナンスを自分で組織するか、サービス料として費用を負担します。そして、保険が上がると、テナントが保険料を支払います。投資家がしなければならないのは建物に対するローンをカバーすることだけです。

  • 営業時間–住宅のテナントは昼夜を問わず電話をかけることができますが、企業はおそらく営業時間中に家主に連絡します。

  • より長いリース–商業用リースは住宅用リースよりも長く、10年間続くことが多いため、家主は新しいテナントを見つける際に収入を犠牲にする必要がないことがよくあります。

  • 簡単な評価–ビジネスが生み出すことができるお金が多ければ多いほど、建物の価値は高くなります。


短所

  • より大きな経済的リスク–商業用不動産は通常、より大きな投資を伴うため、物事が計画どおりに進まない場合、投資家は重大な損失を被る可能性があります。また、事業所は平均的な住宅やアパートよりも多くの人が利用する傾向があるため、被害、人身傷害、安全上の問題が発生する可能性が高くなります。

  • 景気後退の影響を受けやすい–不況に見舞われた場合、商業用不動産は住宅セクターの投資家よりもリスクが高くなります。企業は破産したり、支払い期限を迎えることができなくなったりして、家主に多額の賃貸延滞が残る可能性があります。

  • さらなる調査–投資家とテナントの両方についてデューデリジェンスを完了するには時間がかかります。

  • より多くの管理者–商用リースに関連する複雑なドキュメントは、フォームの確認と将来のテナントとの交渉により多くの時間を費やすことを意味します。多くの場合、家主は事務処理を確認するために法律専門家を雇うことが必要です。

  • 長い待ち時間–将来の居住者が、初日から賃貸料を支払う余裕がないと考えている場合は、賃貸休暇をリクエストできます。

  • 専門的な仕事の支払い–ほとんどの商業用不動産の投資家は、時々多額の維持費に直面しています。彼らは建物が安全であることを確認する必要があり、緊急作業や大規模な修理の費用を負担する必要があるかもしれません。プロパティマネジメント会社はこれらの仕事を引き受けることができますが、賃貸収入の5%-10%を請求します。

  • 在宅勤務の文化–今年、多くの企業がリモートで運営され、従業員や上司は家にいます。この在宅勤務への動きは無期限に続き、商業用不動産の需要を減らす可能性があります。



こちらの記事からより多くの不動産タイプを見つけることができます。


グリーンカードの申請に興味がある場合は、以下を検討することもできます

地域開発プロジェクト:EB-5プログラムは、USCIS(米国市民権移民局)の雇用ベースのビザプログラムであり、外国人投資家は、少なくとも10人のフルタイムの仕事を作り出すこと条件に新しい商業用または住宅用不動産開発プロジェクトへの50万ドルから100万ドルの投資を通じて永住権を取得できます。プロジェクトの例は次のとおりです:コンドミニアムや商業オフィスの建設




0回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示