[2021年版最新究極ガイド] 新しい国際市場に参入する方法

最終更新: 6月17日

Outlines:

  1. PowerPoints

  2. Video Presentation

  3. 新しい国際市場に参入する方法

  4. なぜ海外市場に参入すべきなのか?

  5. アメリカでビジネスパートナーとベンダーを見つける方法

  6. 海外でビジネスエージェントをうまく選び、一緒に仕事をする方法とは ?

  7. カントリーマネージャーとは何ですか?また、どのように雇うのですか?






新しい国際市場に参入する方法:

新しい国際市場に参入するときは、まず現地の洞察を得て、市場機会を決定する必要があります。



i. 市場を定義する


シリコンバレーのフィンテック起業家から学んだ最大の教訓の1つは、最初の段階では、顧客のニーズを学び、製品市場に適合するものを見つけることがすべてであるということでした。あなたはあなたのターゲット顧客の人口統計、場所、そして共通の興味やニーズを考慮したいと思うでしょう。以下、詳しくは完全なインタビューを見ることができます。 あなたのアイデアが機能するために必要な最初のことは、市場がそれを気に入ることです。市場がはあなたが売っているものを買いたいと思う必要があります。言い換えれば、あなたの製品に対する需要がある必要があります。ここで、需要の検証が役立ちます。



市場の需要と顧客のニーズを定義するために以下の質問ができます。

私達の潜在的な顧客はどのような問題を抱えていますか? その問題の解決策は何ですか? なぜ市場は私達の製品にお金を払うのでしょうか?


使用できるツール:

1. SEO GoogleのキーワードプランナーやMozのキーワードエクスプローラーなどのツールを使用して、特定の単語やフレーズを検索する人の数を確認できます。解決しようとしている問題の解決策を探しているときに、人々が何を検索するかを考えましょう。問題と解決策の両方に関連する検索キーワードのリストを作成しましょう。

2.潜在的な顧客がオンラインコミュニティなどで、普段どこで時間を過ごしているか考えます。このリストに基づいて、オンラインコミュニティで、会話に参加してください。次に、オンラインフォーラムやその他のサービスを見て、あなたが提供しているソリューションについて会話に参加しましょう。たとえば、レストランを始める場合は、Yelpやその他のレビューサイトをチェックしてください。そこで人は一体何について話していますか?彼らは現在のオプションに満足していますか?彼らが満足していない場合、彼らは何を探していますか?こういった質問を元にカスタマーニーズを理解しましょう。

3.実際に潜在的な顧客と話します。あなたの製品/サービスに関連する事柄についてブログ投稿を書いている人々に連絡(電話、電子メール、Facebookメッセージ、LinkedIn InMailなど)しましょう。次のように直接会話を開始できます。

こんにちは。XXXに関するブログ投稿を拝見しました。私は特に[XXX]が好きでした。[ここにあなたが解決している問題を挿入してください]について、この問題を解決するために推奨する解決策はありますか?素晴らしいブログ投稿を続けてください!

さて、全員があなたに返信するわけではありませんが、うまくいけば、あなたはいくつかの応答を受け取るでしょう。応答する人のには、2種類の応答があります。

「私はそのような問題に出くわした事がありません。」 「私はその問題を抱えている多くの人々を知っています。これが私がその問題を解決するために行うことです。」 最初の答えがたくさんある場合は、あなたの商品に需要がない場合があります。

2番目のカテゴリに分類される多くの応答が得られた場合、フォローアップしてソリューションについて詳しく話しましょう。


"返信をしてくれてありがとうございます!私は[XXX]の問題に対して、問題解決できるできる製品を現在企画しています。このような製品について、月額20ドルの場合、試してみようと思いますか?お時間をいただき、ありがとうございました!

このような人々と話すことによって、あなたの製品/サービスに関する実際の市場洞察とフィードバックを得ることができます。

4.最後に、これが最終テストになります。商品のランディングページを作成し、GoogleやFacebookで広告を購入しましょう。ランディングページは派手である必要はありませんが、リアルに見える必要があります。



ii. 市場分析を実行する


新しい市場への拡大には、多くの市場調査が必要です。市場の成長率、予測される需要、競合他社、および参入障壁の可能性について深く理解する必要があります。これらを知るためにできる質問は次のとおりです。


ポーターのファイブフォースと言うフレームワークがあり、市場を分析できます。

ポーターのファイブフォース分析は、業界またはセグメントにおける競争市場の力を調査するフレームワークです。これは、新規参入者、バイヤー、サプライヤー、代替品、および競争上の競争という5つの要素に従って業界または市場を評価するのに役立ちます。


1.新規事業の立ち上げはどのくらい簡単ですか?

2.同じことをしている競合他社は何社いますか?

3.顧客が代替品に切り替える可能性はどのくらいありますか?

***業界は常に同様の代替製品を生産している他の業界と競争しています。代替品は、同じ機能/品質で低価格の製品、または同じ価格で高品質またはより多くの実用性を提供する製品の2つの形式をとることができます。代替品を製造している企業が多すぎると、ビジネスのコストとリスクが増大する可能性があります

4.サプライヤーはどのくらいの力を持っていますか?

***業界が少数のサプライヤーに依存している場合、彼らはかなりの交渉力を享受します。これは、最終製品の品質と価格に直接影響するため、特に中小企業に影響を与える可能性があります。

5.顧客はどのくらいの力を持っていますか?

***交渉力が顧客にある場合、まったく逆のことが起こります。消費者/購入者が市場支配力を享受する場合、彼らは、より低い価格、より良い品質、または追加のサービスと割引を交渉する立場にあります。これは、競合他社が多いが、単一の購入者が業界の売上の大部分を占める業界の場合です。


iii.内部機能を評価する 新しい市場に参入する方法(構築、購入、またはパートナー)に関する決定の多くは、内部の能力評価に基づいています。この段階では、次のような質問を自問する必要があります。コアコンピテンシーをどれだけ活用できるか。販売チャネル/インフラストラクチャ/関係は整っていますか?


iiii. 市場参入オプションの開発 魅力的な市場を選択したら、一連の買収(または2つの組み合わせ)を通じて拡大するのではなく、適切なレベルの有機的投資を決定する必要があります。補完的なインフラストラクチャまたは販売チャネルが整っている場合は、成長への有機的なアプローチを検討することをお勧めします。活用するコア資産が限られているまったく新しい市場に参入する場合は、合弁事業/パートナーシップ、買収、または仕事をするサービスベンダーを見つけることを検討する必要があります。これは、ビジネスエージェントが適切なサービスを見つけるのに役立つ場所です。接続! ここで最も重要なことは、新しい市場に参入する行為のコスト、リスク、および予測可能性に関するオプションについて非常に明確にすることです。


2.なぜ海外市場に参入すべきなのか? 日系企業拠数推移チャート出典:外務省ホームページ 「海外在留邦人数調査統計」 平成30年要約版


理由1. 2021年のオリンピック開催に伴い、日本は外国人観光客から3.5兆円以上の収入を見込んでいます。これは、2,000万人を超える訪問者数と予想されており、通常の年に最も忙しい国の1つである英国を訪問者数を上回りす。これを機に日本と海外市場の統合はさらに進んで行きます。ーそれに伴い外国人へ向けたマーケティング、セールス、そしてブレンディングを確率していく必要があります。


理由2. 日本の経済目標は、1。国内需要の拡大、GDPの増加、インフレの上昇です。これらの目標は、外国企業の統合とグローバル化から達成できます。つまり、日本は日本企業の海外進出を支援しています。


理由3. 海外進出をしている日本企業全体としては、前年比増減率約5.2%の増加の75,531拠点。過去5年間で見ると約18%アップ(11,752拠点の増加)しています。これほど、プライベート、パブリック両方のセクターから海外進出に向けた意思が現れています。


理由4. ​会話はグローバル化が起こるのか起こらないのかではありません。会話はいつ起こり、どのように対応すべきなのかです。


理由5. 今グローバル化に備えることができない企業は数年後にその影響を受けます。




3.アメリカでビジネスパートナーとベンダーを見つける方法

1番から言っても、日本での事業と販売をリモートで設定してデータを収集してから、市場に完全に参入するのは賢明なことです。どうやって?そのため、ForeignConnect.orgのようなビジネスエージェントを雇う必要があります。このエージェントは、あなたに代わってこの最初の操作を実行できる適切なパートナーまたはローカルサービスを見つけるのに役立ちます。


新しい国でビジネスを拡大することを完全に約束する前に、あなたは何をしなければなりませんか?ここにあなたが注意する必要がある5つの事柄があります。

1.競合他社と市場価格を調査する 2.日本の消費者に対する独自のバリュープロポジションを特定する 3.デジタルマーケティングのためのローカルオンラインプレゼンスを作成します 4.ブランドをローカライズします 5.日本に旅行して、市場に関する直接的な洞察を得る

そして、ビジネスを成功させることができるという十分な証拠があれば、スタートアップのために資金を調達することも検討できます。


アメリカで506(c)免除を使用して、資金調達コンサルタントのノーブルA.ドラコルに資金を調達する方法をインタビューするこのビデオをご覧ください。



4. 海外でビジネスエージェントをうまく選び、一緒に仕事をする方法とは ?


上記の5つのことを処理するとき、仕事を成し遂げるために地元のサービスやコンサルタントを雇うことははるかに速くて安いです。これは、すでにネットワークを確立しているローカルサービスは、知識や経験など業界のリソースに即座にアクセスできるためです。地元のサービスやコンサルタントを雇うことで、時間と数百、数千万円のお金を節約できます。

JETRO(日本貿易振興機構)は、日本貿易振興機構が非営利団体として設立した独立行政法人であり、その後、日本と国際的なビジネス関係を支援する政府の支援を受けた組織になりました。 彼らは外部の会社を潜在的なパートナーに接続することができます。

Degima.com(日米のビジネスを紹介し、つなぐ国際的なビジネスポータルサイト)のような場所でリソースをチェックをすることもできます。これらはすべて日本発の役に立つエージェンシーですが、これらの場所はあくまで潜在的なビジネスパートナーに紹介する単なるビジネスエージェントです。そのためこれらのサービスは、海外のベンダーとのやりとりなど、プロジェクトマネージメント、アフターサポートは行いません。使用するエージェントを選択するときは、次のようないくつかのことを確認する必要があります。


+アメリカと日本両国に対する理解力の高いエージェンシーを選ぶ事は重要です。バイリンガリズムも重要です。 +海外での人間関係の発展には長い時間がかかります。パートナーを雇うことの利点の1つは、ビジネスネットワークの広さと深さを活用できることです。アメリカにたくさんのコネクションを持っているエージェンシーを探しましょう。 +パートナーに選ぶ会社は、あなたのビジネス分野での実績、米国、日本両国での経験が必要です。

代理店が、日米のビジネスダイナミクス間のプロジェクト/ベンダー管理について、両当事者間のコミュニケーションを整理および管理し、作業に関するレポートを作成することで、継続的な追加サポートをエージェンシーを選ぶと海外のベンダーと仕事をする上でさらにやりやすいでしょう。その点、ForeignConnectはアメリカ市場開拓上のテストからローウンチまでコミュニケーション管理、またベンダーレポートを含め、全て1対1でサポートします。

これで、最初のデータ収集を行い、市場について何らかの結論に達した後、このまま市場を追求すべきか、すべきでないのかを決定する必要があります。これは、次の質問を自問することで決定できます。

1.私が提供しているソリューションは、この市場匂いて”問題”として認識されていますか?もしそうなら、問題は人々によりどのくらい苦痛に感じられますか?

2.彼らは私が提供しているソリューションにお金を払っても構わないと思っていますか?

3.この国で私が彼らのために解決している問題を伝える他のコミュニケーションの角度はありますか?

4.私が提供している特定の製品またはサービスに対して、十分な大きさの市場がありますか?等...

あなたの質問はケースバイケースで変わるべきであり、ビジネスの状況を具体的に考慮して作成されるべきでしょう。これらの質問に対する答えを認知し、日本での事業拡大をどのように計画したいかについてのアイデアがある程度固まった場合、次にカントリーマネージャーを雇う事ができます。


5.カントリーマネージャーとは何ですか?また、どのように雇うのですか?

カントリーマネージャーの主な役割は、特定の国または地域での会社の関連会社の運営を監督することです。カントリーマネージャーは、ロジスティクスを監督し、新しいビジネスを開発し、収益性を確保します。彼らは、全体的な運用の管理、スタッフの採用、および予算の作成を担当しています。カントリーマネージャーはまた、週次、月次、または四半期ごとの業績および進捗レポートを作成し、会社の本社に提出します。

カントリーマネージャーは、グローバルな拡大を経験しているあらゆるタイプの業界で雇用されています。カントリーマネージャーは本質的にエグゼクティブポジションです。


カントリーマネージャーの義務と責任

運用計画の作成

コミュニケーションから倉庫保管まで、ビジネスのあらゆる側面が円滑に運営されるようにするのはカントリーマネージャー次第です。これらは、企業の国内関連会社がすべての国の規制と文化的ガイドラインに準拠していることを保証します。また、会社の成長と売上の改善のための計画を立てます。

ブランド戦略の実施

カントリーマネージャーは、特定の国または地域で会社のブランドを構築する責任があります。彼らは広告とプロモーションの計画を考案し、製品のポジショニングとグローバルブランドマーケティングの開発に関与しています。

進捗レポートの生成

カントリーマネージャーは、会社の進捗状況、販売およびマーケティングの成功を継続的に評価し、レポートを編集して本社の上位に提出します。彼らは、予算、売上高の増減、新しいビジネスリード、規制コンプライアンスに関するレポートを提示します。

スタッフの採用とトレーニング

特定の地域でのスタッフの採用とトレーニングを監督するのは、通常、カントリーマネージャー次第です。カントリーマネージャーは、スタッフの選択、トレーニング開発、スケジューリング、および従業員の継続的な専門能力開発に関与できます。

成功したカントリーマネージャーの特徴

カントリーマネージャーとして絶対に最高の人を見つけるのは難しいですが、必要な人材はアメリカでビジネスを成功させることができる人であり、次のスキルと性格がこの成功に不可欠です。


候補者は、日本と西洋の両方の考え方を理解し、仕事に応用することができる必要があります

日本と西洋の両方の文化を理解することは非常に重要です。候補者は、アメリカ市場のニーズに敏感であるだけでなく、西洋の相手の文化や信念も理解している必要があります。カントリーマネージャーの仕事は、日本企業を橋渡しし、それをアメリカ市場で機能させることであるため、候補者はスペクトルの両側に連絡する必要があります。


セルフスターター

率先してビジョンを持っている人を雇うことが重要です。候補者は、優先順位を付け、自分で行動を起こすことができる必要があります。

アメリカにおける強力なビジネスとパーソナルネットワーク 特にスタートアップとして、またはグローバル展開の初期段階では、強力なネットワークはカントリーマネージャーにとって非常に役立つ機能です。

ビジネスロードマップ、販売ポリシー、戦略を策定できる これらはカントリーマネージャーの重要な責任であるため、候補者がこれらの分野で有能であるだけでなく優れていることを確認することが重要です。

販売、マーケティング、トレーニングが可能

これらはすべて、カントリーマネージャーが持つべき重要なスキルです。ビジネスを成長させるための販売とマーケティングだけでなく、チームを成長させるためのトレーニング経験があるとさらに良いです。

問題を特定して解決できる 優れたカントリーマネージャーは、問題を特定して解決することができます。面接では、前の仕事でどのような問題に遭遇し、どのように解決したかを候補者に尋ねる必要があります。

チームリーダー 自発的に行動することは良いことですが、カントリーマネージャーは、すべての仕事を蓄えて信用を得るのではなく、責任を効果的に共有して委任することにも長けている必要があります。やるべきことは常にたくさんあり、適切に優先順位を付けて委任することが重要です。優れたカントリーマネージャーは、社内または社外に委任する必要があるかどうかについて正しい決定を下すことができるはずです。

***委任について言えば、「委任の7つのレベル」と言う使える法則があります。以下のルールを使用できます。 レベル1:リーダーは部下に話します レベル2:リーダーが部下に売ろうとします レベル3:リーダーが部下に相談して決定します レベル4:リーダーと部下が一緒に同意します レベル5:リーダーがアドバイスしますが、部下が決定します レベル6:部下が決定し、リーダーが報告を受け、説明を受けます レベル7:完全部下に委任します




アメリカの業界団体のすべてのレベルと接続することができます アメリカの業界団体のメンバーに参加してつながることは、アメリカ市場への拡大をサポートするための非常に効果的な方法です。これが、カントリーマネージャーがアメリカの文化に適合し、市場の内外を熟知している人物である必要がある理由です。


繰り返しになりますが、上記のすべての基準を満たす人を見つけることは非常に困難です。候補者に会い、上記のすべてが揃っていないことに気付いた場合、すぐに辞任しないでください。候補者の情熱、アイデア、ビジョンは、不足しているスキルや経験を補う可能性があります。

ただし、適切なカントリーマネージャーを見つけるには時間とお金がか流ため、チームを構築してアメリカでのビジネスを迅速に拡大する必要がある際には、その間にForeignConnectのようなパートナーを見つけることは、アメリカ市場にスムーズに参入するための優れた方法です。


ForeignConnectは、アメリカ市場でのテストプロセスの開始から終了まで、アメリカカントリーマネージャーと一緒に、またはアメリカカントリーマネージャーに代わって新しい国の開発を支援するお手伝いをします。 ForeignConnectのような代理店と提携することで、

✔️業界のネットワークとエクスペリエンスにすぐにアクセスできます

✔️地元の企業や専門家にすぐにアクセスできます ✔️現地でのビジネスをスムーズにセットアップできます ✔️地元のコミュニケーションとビジネス文化をよく理解している日本人からオンデマンドでトレーニングを受講できます。

したがって、私たちとパートナーを組むと、頭痛の種なしに次のことができます。

ステップ1 :(市場に参入する)

1. 競合他社と市場価格を調査する 2.日本の消費者に対する独自のバリュープロポジションを特定する 3.デジタルマーケティングのためのローカルオンラインプレゼンスを作成します 4.ブランドをローカライズする 5.直接市場の洞察を得るために日本に旅行する

ステップ2 :(拡張操作)

1.運用計画を作成する 2.ブランド戦略の実施 3.進捗レポートの生成 4.新しいスタッフの採用とトレーニング


アメリカ進出ビジネスセミナーまとめ(オンラインセールスと消費者インサイト)もあわせてみる:



WRITTEN BY

Foreign Connect Helping Japanese companies launch businesses in America & American companies to launch in Japan

🚀 Check Out ForeignConnect Podcast ( Podcast talks about digital transformation, How to start a business abroad & How to Sell abroad) 🖊️ (https://www.foreignconnect.org/podcasts)

🔗 Find out all the resources to start a business abroad 🔗 (https://www.foreignconnect.org/resources)

View The Data Center (https://www.foreignconnect.org/data-center)

Read More Blogs (https://www.foreignconnect.org/blog)

ForeignConnect Services: (https://ja.foreignconnect.org/service) 🚀 E-commerce | 💣 StartUp Incubation IG | FB | TW | TikTok | Linked In