2020年最新版Black Friday(ブラックフライデー)とは?


ブラックフライデーは感謝祭(ThanksGiving)ブラックフライデーは、アメリカ合衆国において、毎年11の第4木曜日行われる感謝祭翌日金曜日のことを指す表現

感謝祭翌日からクリスマスセール開始され、百貨店などをはじめとした小売店黒字になることにちなんで「ブラック・フライデー」と呼ばれる 全米小売業協会(NRF)によると、2019年のブラックフライデーには8,420万人が店舗で買い物をし、感謝祭には3,780万人が店舗で買い物をしました。 2019年の4日間のブラックフライデーの週末の合計1億8,960万人の買い物者は2018年に比べて14%増加しました。

小売業者は通常、ホリデーシーズンを開始するためにブラックフライデーに大幅な割引を提供します。 残念ながら、2020年のホリデーショッピングシーズンは、COVID-19のパンデミックのため、過去数年とは大きく異なる可能性があります。 NRFの10月の調査によると、買い物客は2019年よりも約1%少ない支出を計画していますが、買い物客の約53%は、休暇に旅行しないため、今年はもっと支出する予定であると述べています。


アメリカ人にとって、ブラックフライデーのセールは国民的なお祭りのようなもの。早朝からお店の前に並んで特売品を買い競ったり、ネットショップでは限定品が売り出されたり・・・と、日本でいう「初売り」のようなイベント性のあるセールなのです。

そして、ブラックフライデーは、アメリカにおけるクリスマスシーズンの始まりでもあります。多くの企業やブランドが実店舗・オンラインを問わず、ブラックフライデーで消費者の購買意欲を刺激、クリスマスセールの盛り上がりへ繋げていく・・・というスタイルのキャンペーンを展開しています。

アメリカに販売するのにはこのブラックフライデーが大チャンスです。40%−70%で新規顧客を獲得しましょう。


Email Us:

ADD US ON LINE

Follow Us:

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

The World Successors 

  • img_line_square
  • Instagram
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

© 2019 Copy Right Reserved by ForeignConnect 

The Book From The Founder