海外市場への参入:カントリーマネージャーの採用とパートナーの検索

Updated: Nov 6



カントリーマネージャーまたは、パートナーを見つける前に、まずは次のことを行う必要があります。

競合他社と市場価格を調査する

日本の消費者に対する独自のバリュープロポジションを特定する

デジタルマーケティングでローカルオンラインプレゼンスを作成する

ブランドをローカライズする

直接市場の洞察を得るために現地を調査する


上記はすべて非常に重要な手順ですが、自分で行うのは難しい場合があるため、これらの手順を迅速かつ完全に完了する方法を検討する必要があります。


カントリーマネージャーを雇うこととパートナーを見つけることの長所と短所


全体として、海外への進出の初期段階では、会社が新しい国で着実な足場を確立するために、パートナーを見つけて、提携を結ぶのはカントリーマネージャーを直接雇うよりも効率が良いです。これは、現地のパートナーを採用する事で、結果がすぐに得られるためです。また、適切な人を見つけることが重要であるため、カントリーマネージャーの採用には時間がかかります。 したがって、すぐに海外でのオペレーションを始めるためには、早い段階でパートナーを見つけ、社内ですでに現地の知識とリソースがある会社とパートナーを結ぶことをお勧めします。




パートナーのタイプ

ビジネスおよびマーケティング代理店 エージェント ディストリビューター 良いパートナーは、西洋と日本の文化を理解し、ギャップを埋める手助けをする必要があります。日本市場でフォーリンコネクトのように、この要件を満たすパートナー候補は多くありません。


適切なパートナーを見つける

以下は、日本での事業拡大に適したパートナーを見つけるためのヒントです。 日本貿易振興機構のジェトロにお問い合わせください。彼らは潜在的なパートナー候補に関する多くの情報を持っており、あなたのビジネスに適したものをお勧めします。また、ForeignConnect にもお気軽にお問い合わせください。ジェトロは企業紹介はできますが私たちのようにアフターサポートはできません。私たちの最大の強みは、インターナショナルなチーム間でプロジェクトマネジメントのサポートを行える事です。


コミュニケーションは、ビジネスの価値と目的が一致していることを確認するための鍵です。あなたのパートナーは良いコミュニケーションスキルを持っているべきです。バイリンガリズムも重要です。 海外での人間関係の発展には長い時間がかかります。パートナーを雇うことの利点の1つは、ビジネスネットワークの広さと深さを活用できることです。異文化間の広範な仕事をしたパートナーを見つけた場合、彼らをパートナーにすることによって利用できる貴重なネットワークを持っているはずです。 あなたのパートナーは、米国と日本の両方の企業での経験が必要です。 ロードトリップ:自分のニーズをさらに理解するために実際に国を訪れる事も効率的です。 要約すれば:良いカントリーマネージャーを見つけることに比べて、良いパートナーを見つけるのは簡単です。ただし、優れたパートナーは、フォーリンコネクトのように、欧米と日本の両方のビジネス文化に精通しており、優れた業界実績を持っている必要があります。 まづはお気軽にご相談ください。

Email Us:

ADD US ON LINE

Follow Us:

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

The World Successors 

  • img_line_square
  • Instagram
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

© 2019 Copy Right Reserved by ForeignConnect 

The Book From The Founder