日本が海外マーケットに参入するべき3つの理由

Updated: Apr 3

「今年当社はグローバル展開に力を入れます!」

こんなフレーズが、最近、世の中には飛び交っています。


本当に海外展開というのは挑戦する価値があるのでしょうか?、


今、御社がグローバル展開についてなんらかの対策をしていない場合、5年から10年先にあなたの会社は存在しない可能性があります。

その理由は人口、購買力縮小です。

世の中の消費というのは大半が労働層から成り立っています。少子化の時代が進み今後更に労働者が減っていく日本経済としては、今後少ない需要の奪い合いになり、その狭い窓の中から需要を獲得できなければ、経営がどんどん難しくなります。



では、これを受けて、海外展開を視野に入れる理由はなんでしょう?


1. 市場が大きい

日本国内の市場とアメリカ市場を比べてみると、その規模は10倍以上違います。

単純に国内の限られた市場を奪い合うよりも、顧客獲得において、ターゲットが広がります。単純に考えて同じ努力をするのであれば、得られるリターンは10倍大きい方が良いでしょう。


2. 資金と人材が集まりやすい

日本は世界ランキングで、ビジネスを始めやすい国として50位以下です。販売を促進する、ビジネスを拡大するなどスケールに関してもアメリカという国は資金と人材、リソースが比較的集めやすい国です。


3.日本製のアピール

日本国内で大きいマーケット、つまり国民全員が対象となる消費商品=コモディティー市場は、安い労働と生産能力を所有する発展途上国との価格競争が非常に厳しい市場です。

その点、中国をはじめとする発展途上国はアメリカにも存在しますが、日本ブランド、というブランドの希少性、クオリティーの高さをアピールし販売につなげやすいという点では、日本で日本製をアピールするよりも、アメリカでそのアピールをするほうが効果が高まります。


では実際どうすれば、よくわからない地で現地の競合と同等に戦い、市場を獲得できるのでしょう?


一番効率が良いのは、ローカライズされたソリューションをアウトソースすることです。

ForeignConnect は以下のサービスを全てアウトソースします。


Produce

新商品の企画・開発

素材カスタマイゼーション

製造​トレードショーアテンド


Branding

ローカライゼーション

デザイン

コピーライティング

コミュニケーション戦略

ビデオ作成

コンテンツ作成


Business Dev.

資金調達

スタートアップインキュベーター

コーポレートイノベーション

営業戦略

営業販路拡大支援

CRM推進支援

アカウント・マネジメント

ネットショップ・ECサイト

商談通訳・アテンド​

デジタルトランスフォーメーション


Marketing & PR

市場調査・リサーチ

新規事業企画・立ち上げ

広報・PR

​デジタルマーケティング


例えば、、、

1海外の市場調査を現地の資料、リソースを使い行いたい。

2海外でアンケートを取りたい

3自社の商品を海外にも売り出すためにブランディングをしたい

4海外のサプライヤーを新しく発見したい

5海外で新しく製造パートナーを見つけたい

6海外市場に売り出すために外国人に伝わるマーケティング戦略を現地の会社と企画したい

7アメリカのベンチャー企業に投資したい

8海外の販売先を開拓したい

9海外のお客さん窓口マネジャーが欲しい

10アメリカの最先端のテクノロジーを取り入れ、自社のシステムにをデジタルトランスフォーメーションしたい

11英語でECサイトを作りたい 12海外でPR活動をしたい

13海外向けにデジタルマーェティングをしたい


などなど、ここでは一部のよくある要望を記載しました。

海外事業展開について、まずはお気軽にご相談ください。

Email Us:

Follow Us:

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

© 2019 Copy Right Reserved by ForeignConnect