成功するカントリーマネージャーの特徴


日本と西洋の両方の考え方を理解し、仕事に応用することができる。 日本と西洋の両方の文化を理解することは非常に重要です。候補者は、日本市場のニーズに敏感であるだけでなく、西洋の相手の文化や信念も理解している必要があります。カントリーマネージャーの仕事は、日本企業を橋渡しし、それを外国市場で機能させることであるため、候補者はスペクトルの両側に連絡する必要があります。 英語が流暢 かならづしも、ネイティブレベルの英語を期待するべきではないですが、言語の流暢さは、米国チームとのコミュニケーションに受け入れられます。 セルフスターター この特徴は日本では見つけるのが難しいですが、率先してビジョンを持っている人を雇うことが重要です。候補者は、優先順位を適切に設定し、自分で行動を起こすことができる必要があります。 日本の強力なビジネスと個人的なネットワーク 特にスタートアップとして、またはグローバル展開の初期段階では、強力なネットワークはカントリーマネージャーにとって非常に役立つ機能です。 最初に悪いニュースを報告し、後で良いニュースを報告する 多くの人は、最初に良いニュースを報告し、次に悪いニュースを報告する傾向がありますが、悪いニュースの報告が遅すぎると、問題が悪化することがよくあります。あなたは常に問題に正面から取り組み、それについて直接コミュニケーションをとれるリーダーを雇う必要があります。これにより、チームは問題を早期に解決して、問題が悪化するのを防ぐことができます。 ビジネスロードマップ、販売ポリシー、戦略を策定できる これらはカントリーマネージャーの重要な責任であるため、候補者がこれらの分野で有能であるだけでなく優れていることを確認しましょう。 販売、マーケティング、トレーニングが可能 これらはすべて、カントリーマネージャーが持つべき重要なスキルです。ビジネスを成長させるための販売とマーケティングだけでなく、チームを成長させるためのトレーニング経験があればなお良いです。


問題を特定して解決出来る 優れたカントリーマネージャーは、問題を特定して解決することができます。面接では、前の仕事でどのような問題に遭遇し、どのように解決したかを候補者に尋ねる必要があります。 チームプレーヤー「今日委任できるものを明日まで延期しない。」 自発的に行動することは良いことですが、カントリーマネージャーは、すべての仕事を蓄えて信用を得るのではなく、責任を効果的に共有して委任することにも長けている必要があります。やるべきことは常にたくさんあり、適切に優先順位を付けて委任することが重要です。優れたカントリーマネージャーは、内部または外部に委任する必要があるタスクを委託する決断ができます。 海外の業界団体のすべてのレベルと接続できる 海外の業界団体のメンバーに参加してつながることは、海外市場への拡大をサポートするための非常に効果的な方法です。これが、カントリーマネージャーが海外の文化に適合し、市場の内外を熟知している人物である必要があるもう1つの理由です。彼らは英語を母国語としないかもしれませんが、コミュニケーションをとるのに十分流暢である限り、地元の市場に関する知識の方が重要です。 繰り返しになりますが、上記のすべての基準に適合する人を見つけることは非常に困難です。候補者に会い、上記のすべてが揃っていないことに気付いた場合は、すぐに辞任しないでください。候補者の情熱、アイデア、ビジョンに長けていれば、不足しているスキルや経験を補う可能性があります。 このように適切なカントリーマネージャーを見つけるには時間とお金がかかり、チームを構築して海外でビジネスを展開するのには時間がかかるため、その間にパートナーを見つけることは、海外市場にスムーズに参入するための優れた方法です。

2 views

Email Us:

ADD US ON LINE

Follow Us:

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

The World Successors 

  • img_line_square
  • Instagram
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

© 2019 Copy Right Reserved by ForeignConnect 

The Book From The Founder