カントリーマネージャーを雇うときのよくある間違い


前回の記事では、パートナーを見つけることはカントリーマネージャーを雇うより効率が良いと示唆していますが、これはカントリーマネージャーを雇うべきではないという意味ではありません。プロセスには時間がかかりますが、それでも優れたカントリーマネージャーを見つけて、最終的にチームを構築する必要があります。 カントリーマネージャーを雇うときに最もよくある間違いは次のとおりです。 A.タレントリクルーターまたはヘッドハンターに期待をしすぎる 御社が車内で行う採用のように優良な人材を見つけるという事はエージェントやヘッドハンターでも大変な事です。増しては、カントリーマネージャーという職種の要件は厳しいため、適切な種類の経験とスキルを持つ人はさらに少なくなります。失敗を恐れず、長い目できちんと相性のあう人材を見つけましょう。 B.候補者の履歴書の実績を過大評価する 候補者の履歴書を見るとき、仕事の経験は重要ですが、候補者の会社の業績履歴を研究することはさらに重要です。これは、その人がビジネスの成長を助けるために実際に何をしたかを示すのに役立ちます。過大評価を避けるために、徹底的な面接が重要です。 C.面接が不十分 採用担当者は、候補者への面接で出来るだけ詳しくの業績履歴を聞く必要があります。時間が許せば、候補者を夕食またはハッピーアワーに連れて行くなど—よりリラックスした環境を作りましょう。彼らが情熱を持っていることを確認し、彼らのアイデアとビジョンを見つけてください。 D.企業経営の経験とスキル 一般的な企業業務と人事を管理した経験は非常に重要です。候補者の経験をよく知りましょう。 E.彼または彼女のビジネスおよびパーソナルネットワークを測定していない 強力なネットワークを持つことは、カントリーマネージャーになるための非常に重要な部分です。面接の際は、候補者が特定の業界内で強力なビジネスおよび個人的なネットワークを持っているかどうかを必ず確認してください。これは、将来のビジネスの成長に役立つだけでなく、候補者が本当に人柄がよく、他の人との強い関係を維持できることを示しています。



結果:

採用はあくまで考える作業です。決断は実行から生まれるのが一番強いので、行き詰まらずにとにかく実行しましょう。


2 views

Email Us:

ADD US ON LINE

Follow Us:

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

The World Successors 

  • img_line_square
  • Instagram
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

© 2019 Copy Right Reserved by ForeignConnect 

The Book From The Founder