カントリーマネージャーとは??

Updated: Dec 25, 2020



カントリーマネージャーの主な役割は、特定の国または地域での会社の関連会社の運営を監督することです。カントリーマネージャーは、ロジスティクスを監督し、新しいビジネスを開発し、収益性を確保します。彼らは、全体的な運用の管理、スタッフの採用、および予算の作成を担当しています。カントリーマネージャーはまた、毎週、毎月、または四半期ごとのパフォーマンスと進捗レポートを作成し、会社の本社に提出します。

カントリーマネージャーは、グローバルな拡大を経験しているあらゆるタイプの業界で雇用されています。カントリーマネージャーは本質的にエグゼクティブポジションです。労働統計局(BLS)によると、すべての幹部の雇用の伸び率は2014年から2024年の期間で8%です。この成長率は業界によって異なり、拡大率と、拡大した組織を監督する運用管理者やその他の経営幹部の必要性によって直接影響を受けます。


カントリーマネージャーの義務と責任:


国の規制と文化的ガイドラインに準拠していることを保証します。また、会社の成長と売上の改善のための計画を立てます。 ブランド戦略の実施 カントリーマネージャーは、特定の国または地域で会社のブランドを構築する責任があります。彼らは広告とプロモーションの計画を考案し、製品のポジショニングとグローバルブランドマーケティングの開発に関与しています。 進捗レポート カントリーマネージャーは、会社の進捗状況、販売およびマーケティングの成功を継続的に評価し、レポートを編集して本社の上位に提出します。彼らは、予算、売上高の増減、新しいビジネスリード、および規制コンプライアンスに関するレポートを提示します。 スタッフの採用とトレーニング 特定の地域でのスタッフの採用とトレーニングを監督するのは、通常、カントリーマネージャー次第です。カントリーマネージャーは、スタッフの選択、トレーニング開発、スケジューリング、および従業員の継続的な専門能力開発に関与できます。


日本と西洋の両方の考え方を理解し、仕事に応用することができる。 日本と西洋の両方の文化を理解することは非常に重要です。候補者は、日本市場のニーズに敏感であるだけでなく、西洋の相手の文化や信念も理解している必要があります。カントリーマネージャーの仕事は、日本企業を橋渡しし、それを外国市場で機能させることであるため、候補者はスペクトルの両側に連絡する必要があります。 英語が流暢 かならづしも、ネイティブレベルの英語を期待するべきではないですが、言語の流暢さは、米国チームとのコミュニケーションに受け入れられます。 セルフスターター この特徴は日本では見つけるのが難しいですが、率先してビジョンを持っている人を雇うことが重要です。候補者は、優先順位を適切に設定し、自分で行動を起こすことができる必要があります。 日本の強力なビジネスと個人的なネットワーク 特にスタートアップとして、またはグローバル展開の初期段階では、強力なネットワークはカントリーマネージャーにとって非常に役立つ機能です。 最初に悪いニュースを報告し、後で良いニュースを報告する 多くの人は、最初に良いニュースを報告し、次に悪いニュースを報告する傾向がありますが、悪いニュースの報告が遅すぎると、問題が悪化することがよくあります。あなたは常に問題に正面から取り組み、それについて直接コミュニケーションをとれるリーダーを雇う必要があります。これにより、チームは問題を早期に解決して、問題が悪化するのを防ぐことができます。 ビジネスロードマップ、販売ポリシー、戦略を策定できる これらはカントリーマネージャーの重要な責任であるため、候補者がこれらの分野で有能であるだけでなく優れていることを確認しましょう。 販売、マーケティング、トレーニングが可能 これらはすべて、カントリーマネージャーが持つべき重要なスキルです。ビジネスを成長させるための販売とマーケティングだけでなく、チームを成長させるためのトレーニング経験があればなお良いです。


問題を特定して解決出来る 優れたカントリーマネージャーは、問題を特定して解決することができます。面接では、前の仕事でどのような問題に遭遇し、どのように解決したかを候補者に尋ねる必要があります。 チームプレーヤー「今日委任できるものを明日まで延期しない。」 自発的に行動することは良いことですが、カントリーマネージャーは、すべての仕事を蓄えて信用を得るのではなく、責任を効果的に共有して委任することにも長けている必要があります。やるべきことは常にたくさんあり、適切に優先順位を付けて委任することが重要です。優れたカントリーマネージャーは、内部または外部に委任する必要があるタスクを委託する決断ができます。 海外の業界団体のすべてのレベルと接続できる 海外の業界団体のメンバーに参加してつながることは、海外市場への拡大をサポートするための非常に効果的な方法です。これが、カントリーマネージャーが海外の文化に適合し、市場の内外を熟知している人物である必要があるもう1つの理由です。彼らは英語を母国語としないかもしれませんが、コミュニケーションをとるのに十分流暢である限り、地元の市場に関する知識の方が重要です。 繰り返しになりますが、上記のすべての基準に適合する人を見つけることは非常に困難です。候補者に会い、上記のすべてが揃っていないことに気付いた場合は、すぐに辞任しないでください。候補者の情熱、アイデア、ビジョンに長けていれば、不足しているスキルや経験を補う可能性があります。 このように適切なカントリーマネージャーを見つけるには時間とお金がかかり、チームを構築して海外でビジネスを展開するのには時間がかかるため、その間にパートナーを見つけることは、海外市場にスムーズに参入するための優れた方法です。


パートナーを見つけることはカントリーマネージャーを雇うより効率が良いと示唆していますが、これはカントリーマネージャーを雇うべきではないという意味ではありません。プロセスには時間がかかりますが、それでも優れたカントリーマネージャーを見つけて、最終的にチームを構築する必要があります。 カントリーマネージャーを雇うときに最もよくある間違いは次のとおりです。 A.タレントリクルーターまたはヘッドハンターに期待をしすぎる 御社が車内で行う採用のように優良な人材を見つけるという事はエージェントやヘッドハンターでも大変な事です。増しては、カントリーマネージャーという職種の要件は厳しいため、適切な種類の経験とスキルを持つ人はさらに少なくなります。失敗を恐れず、長い目できちんと相性のあう人材を見つけましょう。 B.候補者の履歴書の実績を過大評価する 候補者の履歴書を見るとき、仕事の経験は重要ですが、候補者の会社の業績履歴を研究することはさらに重要です。これは、その人がビジネスの成長を助けるために実際に何をしたかを示すのに役立ちます。過大評価を避けるために、徹底的な面接が重要です。 C.面接が不十分 採用担当者は、候補者への面接で出来るだけ詳しくの業績履歴を聞く必要があります。時間が許せば、候補者を夕食またはハッピーアワーに連れて行くなど—よりリラックスした環境を作りましょう。彼らが情熱を持っていることを確認し、彼らのアイデアとビジョンを見つけてください。 D.企業経営の経験とスキル 一般的な企業業務と人事を管理した経験は非常に重要です。候補者の経験をよく知りましょう。 E.彼または彼女のビジネスおよびパーソナルネットワークを測定していない 強力なネットワークを持つことは、カントリーマネージャーになるための非常に重要な部分です。面接の際は、候補者が特定の業界内で強力なビジネスおよび個人的なネットワークを持っているかどうかを必ず確認してください。これは、将来のビジネスの成長に役立つだけでなく、候補者が本当に人柄がよく、他の人との強い関係を維持できることを示しています。



結果:

採用はあくまで考える作業です。決断は実行から生まれるのが一番強いので、行き詰まらずにとにかく実行しましょう。


Email Us:

ADD US ON LINE

Follow Us:

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

The World Successors 

© 2019 Copy Right Reserved by ForeignConnect 

  • img_line_square
  • Instagram
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

The Book From The Founder