アメリカのテクノロジーとビジネスの発展ー日本がこれからもっと取り入れたい技術

Updated: Apr 3

日本はとてもハイテクな国ですが、ビジネスの運営、イノベーションにおいてアメリカに学べる事が多々あります。


例えば、接客用のAIによるチャットボット。

スターバックスでは、「Starbucks Barista」というモバイルアプリをリリースして、ユーザーがスマートフォンから音声で商品の予約注文ができるようにしています。チャットボットに呼びかけると、店員がオーダーを聞くのと同様に、ボットが写真付きメニューの表示や、個数・サイズの確認、料金の決済までを行い、最寄りの店舗に行けば、待ち時間無しで商品を受け取ることができると言う仕組みです。

このようにすれば、





 eコマースの分野では、商品の人気動向やライバル業者との関係によって価格を自動的に変動させていく「動的価格」の導入が進められている。

2011年に米ニューヨークで創業した「Feedvisor」は、オンラインショップの価格設定をすべて人工知能「Algo-Commerce(アルゴ・コマース)」に任せています。手作業による価格入力やルール設定は一切行わずに、商品の需給、価格弾力性、在庫変動、売上げの成長率、競合状況などのデータを機械学習することで、Feedvisor のアルゴリズムが常に最適な販売価格を決定す流仕組みです。


このようにアメリカでは、テクノロジーをたくさん取り入れ、より低予算に確実なビジネス構造を想像し出しています。日本の企業として、イノベーションの国アメリカから生まれる最先端のテクノロジーをなかなか一番乗りに導入できず、気づいた時にはすでに競合が取り入れていて、置いていかれてしまうという悩みは少なくないかと思います。

そういう時は、アメリカの最先端の情報に常に触れている詳しい現地の専門家を雇いましょう。彼らに任せれば日本にいながらにして、現地の情報を収集できてとても便利です。

まずは、自分たちの弱点をわかっていることです。

そして、あったらいいのになを常に探すことです。

そういたことが確実になった上で、ForeignConnectのようなエージェントを通し、海外でテクノロジー会社とアポを取り現地調査を行います。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ForeignConnectがお客様の要望をしっかり理解し、それを解決できる会社をアメリカで何社か探します。その後、ミーティングで事情収集を行い、雇用する場合は、雇用、交渉、マネージメント全てお任せください。


Email Us:

Follow Us:

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon

© 2019 Copy Right Reserved by ForeignConnect