さまざまなタイプの住宅物件の長所と短所

一戸建て住宅

長所

  • 比較的長い賃貸期間

  • 家の値段が変わりにくい

  • 固定資産税が安い

  • 管理コストが安い

短所

  • ホームアソシエーションフィー

一部の地域では、一戸建て住宅の住宅所有者協会(HOA)の料金を支払う必要があります。不動産所有者からの毎月の支払い料金も必要になる可能性がある近隣があります


Condos


長所

  • 低い購入価格

  • 修理が少ない

マンションの所有者はユニットの外装部分に責任を負わないため、修理が少なくて済みます。投資家は、屋根や造園の修理について心配する必要はありません。マンション投資家がしなければならないのは、ユニットの内部のの修理をすることだけです。

  • バイヤーマーケット

コンドミニアムへの投資の良いところは、他のタイプの住宅物件よりもバイヤーに対して競争が少ないことです。

  • テナントのためのより優れた設備

コンドミニアムは、プールやエクササイズルームなどのさまざまなアメニティを利用できるため、テナントにとって非常に魅力的です。


Cons:

  • 毎月の協会会費

  • コンドミニアムは販売がより難しい

マンションの売却時期になると、他の住宅よりも時間がかかる場合があります。

  • コンドミニアムンはダウンマーケットで一番最初に価格が下がる

  • コンドミニアムはマーケットの回復で価格が元に戻るのが一番遅い


タウンハウス

長所:

  • 価格が安い

  • スペースが広い

短所:

  • HOA料金が高額な可能性がある

HOA料金は、タウンハウスの庭の見栄えを良くし、ゴミを確実に収集するなど役に立ちますが、代償が伴います。 HOAの料金は高額になり、毎月の費用に莫大な費用がかかる可能性があります。

  • ペットの制限

集合住宅


長所:

  • プラスのキャッシュフロー

1つの物件で複数のテナントをホストするため、集合住宅に投資すると、よりプラスのキャッシュフローが見られます。

  • 住宅ローンの簡単なプロセス

一つの住宅ローンで集合住宅を購入する場合、事務処理が少なくなります。

  • 簡単な保険

住宅ローンのように、1つの保険契約で集合住宅を購入する場合、事務処理が少なくなります。

  • 家賃のリスクが少ない

複数のテナントを扱うため、完全に空室になるリスクは非常に低くなります。


短所:

  • 管理時間がかかる

複数のユニットがあるということは、家主としてのあなたにはより多くの管理責任と時間が必要であることを意味します。

  • 経験の高いプレーヤーが多い

集合住宅を追いかける不動産投資家のほとんどは経験豊富な投資家です。

  • 可用性が低い

集合住宅は、ー戸建て住宅よりも市場に上がっている物件が少ないです。つまり、物件を見つけるのに苦労しやすいです。

  • 法律が厳しい


バケーションホーム

長所:

  • 賃貸収入が高い

良い場所にある別荘は、一般的にROIが高いです。

  • オンラインレンタルウェブサイト

Airbnbのようなオンラインの賃貸住宅ウェブサイトを使用すると、バケーションレンタル住宅の管理が簡単になります。

  • 節税ができる

別荘のような短期賃貸は、税の控除の対象となる場合があります。これには、清掃やメンテナンスまですべての費用が含まれる場合があります。

短所:

  • 管理にコストがかかる

バケーションレンタル物件は、管理するのに費用がかかる可能性があります。バケーションレンタル物件は入居・退去の頻度が高いため、入居者間の修理・修理が必要になります。これらのタイプの住宅物件では、他の物件よりも高い改修および修理費用が発生する可能性があります。

2回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示